「蕎麦蔵きたみ」のフレンチメニュー ガレット・ブルトンヌ

momma

このウェブサイトでは2度目の紹介となる「蕎麦蔵きたみ」、城南地区の中心に店を構え十数年。 開店当初から今日まで洗練された変わらぬ味を提供する。

今回の紹介は、蕎麦屋で食すフレンチ・メニューのガレット・ブルトンヌ、即ち、ブルターニュ風ガレットだ。 フランスのブルターニュ地方は、雨が少なくやせた土地柄で小麦が生育せず、“そば”が小麦に代わって栽培されてきた。 そこで生まれたのがブルターニュ風ガレットだ。蕎麦蔵きたみのガレットは、周りはパリッと焼き上がり香ばしく、チーズやハムの載った中央部分はもっちりとして、まるでピッザを食べているような食感。そば粉の風味が生き、後を引く美味しさは値千金、このメニューのフアンが多い。

やはり、蕎麦屋ゆえに、蕎麦も食いたいというのは当然で、ガレットと蕎麦のセットメニューもお勧めだ。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
レポートここで終わり